バナー

注文住宅の適正価格とは

マイホームを建てる際に、価格というものは誰しもが頭を悩ませる一因です。
坪数や間取り、デザインなどによってその幅はピンきりとも言えます。


単純に坪単価50万円だから粗悪で、70万円だから豪華な家ができるとは限りません。

特に注文住宅の場合は、あれもこれもと欲張ると膨大な建築費用になってしまいます。

一般的にはハウスメーカーで建てる場合、同じ材料やデザインで作っても地元の工務店に依頼するより、費用は高くなりがちです。

メーカーの場合、テレビCMや折込チラシ等の宣伝広告費がかかっているので、それが価格に上乗せされるからです。



ほかに価格を左右する要因としては、材料費用の上昇・下落によるところも大きいのです。


注文住宅の場合大半は木造住宅ですが、この木材の供給と需要のバランス次第では、大きく差が出てくるのです。値動きの動向まではエンドユーザーにはつかみにくいかも知れませんが頭の片隅に入れておくべきだと思います。



そして注文住宅ならではの要因ですが、建売と違いユーザー自身が住宅設備機器を選定することが多いでしょう。

設備機器メーカーのカタログやショールームの商品は見せ方が上手です。


少々高くてもあんなカッコいいリビングにしたい、大きな風呂で寛ぎたいと、思うままに選んでしまうとどんどん費用は上がってしまいます。どんなにすばらしい豪邸でも、予算と見合わなければ適正な価格とは言えません。



無理のない計画で、最大限の要望に応えてくれる。
それこそがユーザーにとっての適正価格というものだと思います。

不動産 白井の補足説明を致します。

知って得する滋賀 省エネ住宅情報を利用しましょう。